Merry Life

つまり秋篠宮殿下は小室圭をガン無視ということなのだから、今後は誰がどれだけ小室夫妻にロイヤル忖度をしても完全に無駄ということ ー あの会見はとても有意義でした

Thurs. Sep. 9th, 2021; How to get out of Afghanistan (7) Countries in Danger

参考情報:外務省 海外安全情報(2021年9月9日現在)

海外安全ホームページ: 海外安全情報 地図からの選択 (mofa.go.jp)

レベル1:十分注意

レベル2:不要不急の渡航中止

レベル3:渡航中止勧告

レベル4:退避勧告(退避してください、渡航はやめてください)

 

《急速に状況が悪化しそうな地域ランキング》

 

第一位・パキスタン

 レベル4:アフガニスタンとの国境付近

 レベル2:シンド州(南東部)で大規模テロ

パキスタン危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

 

第二位・イラン

 パキスタンイラクとの国境付近がレベル4

 アフガニスタンとの国境付近はレベル3

 

第三位・イラク

 全土で自爆テロが多発中

イラク危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

 

第四位・シリア

 全地域でレベル4指定

 既に大使館機能はレバノンに退避済み

シリア危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

 

第五位・レバノン

 停電・預金封鎖・暴動が継続

 

第六位・トルコ

 シリアとの国境付近はレベル4

 5年前に大規模なクーデター未遂あり

トルコ危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

第七位・エチオピア

 首都アジス・アベバ(レベル1)では、2021年8月末に284人のテロ容疑者が逮捕

 ティグライ(レベル4)の幹線道路わきには、テロ攻撃で黒焦げになったバスが転がっています

エチオピア危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

第八位・ギニア

 2021年9月5日、首都コナクリで軍事クーデター

 Guinea coup attempt: Soldiers claim to seize power from Alpha Condé - BBC News

 でも、9月6日時点の外務省の危険情報では、首都コナクリもレベル1

海外安全ホームページ: 海外安全情報 地図からの選択 (mofa.go.jp)

 

ちなみに、私はお隣ギニアビサウの女の子(村)に、プランインターナショナルを通じて就学等の支援をしていました

その一家がどこかに移住してしまったため、支援終了となりました

今は、中米グアテマラの男の子(村)の教育支援等をしています

 

第9位 南スーダン

堤大使、退避してください・・・!!!

でも南スーダンの人たちに慕われているご様子で、難しいのでしょうか

在南スーダン日本国大使館 (emb-japan.go.jp)

南スーダン陸上競技選手団への市民のおもてなし(群馬県前橋市と南スーダン)|外務省 (mofa.go.jp)

南スーダン危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)

 

 

その他アフリカ

 リビア、イエメン、チャド、ニジェール、ブルキファナソ、ナイジェリア、カメルーン北部、中央アフリカ共和国スーダン(特に南スーダンとの国境近く)など、全土または一部がレベル4

 

中南米

 ベネズエラエクアドル、ハイチ、キューバ、彼らがアメリカへの通過点とするコロンビアのダリエン地峡など、概ねレベル2~3で染められています

 

・番外:南アフリカ

 アフリカでは治安のよい先進国

 欧米の資産家がリタイア後にのんびり暮らす場所としても人気です

 実は、テスラのイーロン・マスクは、南アフリカ出身です

 国境近くの道路を労働者が封鎖する、ショッピングモールを狂信者や暴徒が襲う等、アメリカで起きるような事件がここでもたまに起きます

南アフリカ共和国危険・スポット・広域情報の危険情報地図(クリックで別ウィンドウが開きます)