C'est la vie

プランジャパンで援助している男の子のお母さんがめっちゃインテリで心温まる愉快なスペイン語の手紙をくれました💖気分転換&スペイン語の勉強になります

中学受験はなぜ激化するのか:受験対策費の低価格化

(注意)以下に書かれている偏差値は、四谷大塚模試の基準を参考にした、独自の見解です

    あくまでも私の体感に過ぎず、間違っているかもしれません

    うちの子は中庸ですし、我が家はあまり教育熱心ではないので、汎用性のある情報がシェアできるかと思われます

    受験対策は、各ご家庭で慎重にご検討ください

・・・

リーマンショックのころ、中学受験をする小学生が激減しました

しかし、コロナショックの影響は、受験生総数に対する影響はほとんどありません

感染症対策のため、都民が千葉の学校を受けずに都内の学校を受ける傾向はあり、千葉の受験生が減ったということはあります)

なぜなのでしょう

・・・

以前は、中学受験専門の塾や家庭教師に、小3の3学期~小6の受験までの3年間、300万以上かけるのが普通でした

 

今や

①ネット配信のスタディサプリ(年2万円程度)

②ベネッセ、Z会などの、いずれかの通信講座(年10万円前後)

③過去問集(数千円)

④模擬試験(数千円)

⑤社会科のアウトプット用のスタディアップ(4点購入で8万円弱でした)

⑥国語の漢字検定(一冊1000円程度)

 

総額は、3年間で40万円台です

 

これらの有料教材に、ネット上の無料素材を加えます

中学入試対策、さらに高校入試対策のものも使えます

 

憲法

 憲法全文をプリントアウト

 この動画で抜かれている部分を暗記マーカーで塗り、暗記シートで隠して覚える

 (章別の条文数も覚える - 天皇の方が司法より条文が多いとか、私自身にとっての新発見もありました)

中学高校入試 日本国憲法 重要条文 穴埋めテスト - YouTube

 

地図記号

 無料プリントがネット上にあります

 プリントアウトして書いて覚える

 

文学史

 高校受験用の文学史一覧表を、プリントアウトして覚える

 この程度の文学史は、中堅中学以上であれば出題範囲内です

 【中学国語】文学史のまとめ・ポイント | Examee (fukuumedia.com)

 

文学史に限らず、高校受験対策のツールは、中学受験にそのまま役に立ちます

 

(参考) ベネッセ:チャレンジ中学準備号2021年3月号①ハイレベル

 国語(2)ページ

「クイズ①全国の公立高校入試の漢字の書き問題は、ほぼ小学校で習う漢字から出題される。〇か×、どっちかな?」

「正解は〇!」

 国語(4)ページ

「小学校で習った感じが高校入試に出る!」

「高校入試でよく出る!小学校漢字ランキング」(トップ10が載っています)

 

✧高校受験が簡単になったのではなく、小学校の勉強が難しくなったのでしょう

 

✧うちの子が先々週くらいに区立小6年生の漢字テストで出された問題の一部

「準の部首は?」

「酒の部首は?」

(答え:準はサンズイ、酒はトリヘン)

 

✧理科の授業(小6)では、モーメントが出てきました・・・私、高校の物理でやった記憶があるんですけど、今は区立の小6で普通にやるんですよ💦

 

✧社会の授業(小4)では、授業のたびに5分間をとって白地図に県名と都道府県庁所在地を書き込むというテストが行われ、それでは満点続出で点差が開かないので各都道府県ごとの名所・名産品を5個ずつ書き込むというのを足してようやく点差が出ました(もちろん5分間で47都道府県の名産品等まで書き込める子はいなかったらしいが、北から順に関東辺りに達する子は多かったとのこと)

 歴史分野のテストでは、平家に絡めて厳島神社とか出題される

 公民分野では、普通に憲法の条文が出る(「クラスの憲法を作る」という、ゲームっぽいこともしていました)

・・・

(注意)

費用は下がっても、勉強時間は減りません

 

一日の勉強時間は、小3の3学期で一日1~2時程度(まずは勉強の習慣づけ)、4年生で一日2~3時間、5~6年生で一日5時間くらいかな

(あくまでも中堅校までの話、難関校や超難関校であればもっと多い)

(受験終了後は、一日3~4時間くらいに抑えつつも勉強習慣を維持する)

 

長期休暇中や土日祝日は、習い事が無ければ一日7~8時間(習い事があれば5~6時間)

家族でお出かけなども、殆どできなくなります

テレビ・ゲーム・漫画・受験に関係のない書籍などの撤去または封印も必要です

 ・・・

①~⑥までを「もれなく」繰り返し(教材によっては30回くらい繰り返し)、素早く正確にアウトプットできる(一切ケアレスミスをしない)ならば、四谷大塚偏差値60と少しには届くでしょう

その偏差値の範囲で、子供と相性のよさそうな学校を選べばよいのだと思います

・・・ 

昨年は四谷大塚もベネッセやZ会に似た通信講座を新設し、費用は年10数万円(学年・コースによる)、クラス分は4段階です

四谷大塚の通信教育|中学受験の四谷大塚 (yotsuyaotsuka.com)

数国限定ですが、スタサプに近いコースもあります

【公式】東進オンライン学校|四谷大塚オンライン小学校 (toshin-online.com)

・・・

①スタサプは、とても良いです

・理科基礎は実験の実演が多く、実験問題への対応に優れている(純粋に楽しい)

・理科応用・算数応用は、スタサプの内容でも合格点に達することが可能な学校が多い(過去問を見る限り)

・国語応用と社会応用を受講のうえで、漢字検定対策、スタディアップ(アウトプット教材)、ネット上の無料教材を組み合わせる

・①③④⑤⑥のみを利用した場合、中学受験の準備費用は3年分で10万円台前半

・個人的な見方ですが、偏差値50台真ん中を少し超える程度ならば、よほど癖のある問題を出す学校でない限り、スタサプをメインにすることで対応できそうです

・もちろん、通信教材をメインとする場合と同じく、テレビなどを撤去し、勉強時間を年齢相応にしっかり確保して集中して打ち込み、ケアレスミスを一切しない(見直しの時間を確保できるよう、素早く回答する訓練を繰り返す)

・小学生向けでは添削がなく、親が添削するので、子供の親に対する甘えを断ち切ることが課題になります(厳しく採点すれば喧嘩になり、甘くすれば本番で減点される)

・作文コースはなく、都立中高一貫対策には不向きです(ベネッセの「考える力プラス」などをメインにする必要があります)

・・・

もっとも、偏差値60台半ば以上(四谷大塚で上位10%程度)が必要ならば、3年間合計で300万円以上というのが相場です

中学受験専門塾に、科目別の専門塾や家庭教師をプラスするからです

 

お金だけの問題ではありません

勉強時間も、尋常でなく増えます

5年生の平日で軽く7時間に届き、6年生になるとさらに学習量が増えるので小学校を休むことになります

習い事もやめるのが普通です(稀に「かてぃん」さんみたいな超人もいます)

 

このくらいの詰め込みをすれば子供の精神状態や顔つきももろに変わるため、5年生のクラスの集合写真を一目見れば、どの子が難関校志望かが分かります(6年生になると学校をほとんど休むので、集合写真には写っていない)

・・・

なお、学費本体部分では、年収400万円未満世帯向けの補助金制度があります

私立小中学校等に通う児童生徒への経済的支援に関する実証事業について:文部科学省 (mext.go.jp)

 

教育ローンも充実しています(もちろん、預貯金を蓄えておくのが一番良い)

 

入学準備費用や諸経費の安い(区立中学とほぼ同額で、3年間で100万円程度)国公立の中高一貫校もありますが、都立中学のほとんどは偏差値60前後なので自宅学習で対策できます